好まれやすい容姿とモテの関係

私が本格的に婚活を始めるに際し、改善しないといけないなと感じたのが自分の容姿です。

実際、私より前に結婚を決めていった友達は、彼女が出来るとその雰囲気が変わっていきました。

「何か雰囲気が変わったね」と私が突っ込むと、「彼女に改造されちゃって」と照れ臭そうに教えてくれました。

雰囲気の変わった友達はまぶしく感じ、ちょっと自分の手が届かない場所に行ってしまったように感じました。

まず最初に変えようと思ったのは顔の雰囲気です。

親から貰った顔を整形する訳にはいかないので、いかにもオタクという印象が強いメガネからコンタクトレンズをつけてみる事にしました。

コンタクトレンズは初めてつけるので緊張しましたが、実際に入れてみるとそれほど目に違和感を感じる事もなく、メガネをつけていない自分の素顔にドキドキしてしまいました。

何となく自分の印象が変わりましたが、まだまだこれではモテる要素はありません。

私は服装がとにかくダサかったのです。

夏はゆったりサイズのTシャツ、冬はネルシャツが定番でした。

購入する服のタイプはどれも一緒でしたが、自分が一番似合うのはこれだという固定概念があったように感じます。

でも試しに男性用のファッション誌を読んでみると、モテる男性は自分とは正反対の服装を身に包んでいました。

値段も自分がいつも購入している服よりも2倍も3倍も高いです。

「洋服でよくこんなに高いお金を出せるな」と思いましたが、すぐに「自分もアイドルに投資するお金を少し控えたらファッションにも気を使えるのではないか」と考えるようになりました。

自分ではどのようにコーディネートすれば良いかわからなかったので、まずは同世代の男性が通うお店に立ち寄り、店員さんに自分が似合いそうな服を揃えてもらいました。

「こんなダサい自分がお店に行って迷惑に感じられないだろうか?」と不安でしたが、お店の方がとても気さくな方で、自分でも納得出来るオシャレな洋服を勧めてもらいました。

これも婚活に向けて大きな第一歩だったと思います。

年齢がそのまま彼女いない歴になるのですから、自分がもてないタイプの男だということは自分でもちゃんとわかっていました。

だから婚活する時にはまず自分を見つめ直すことが必要だと思いました。

とはいってもアニメやマンガが好きなオタク気質はなかなか治らないし、嫌なことがあったら趣味に没頭すると癒されるので無理にやめようとは思いませんでしたが、それはそれとして、オタクっぽいところを直そうとは思ったのです。

それで自分のことを考えた時に、モテる人と比べるとやっぱり自分自身にお金をかけてないなということを感じました。

顔や体型などの容姿はそう簡単に変えることはできませんが、髪型なんかは気をつけることができるわけです。

いつもは1000円くらいの安い床屋に行っていたのですが、もうちょっといい美容院で髪の毛を揃えてもらうようにしました。

ヒゲなんかも休みの日は剃らなかったりして無精ひげになっていたのですが、いつも仕事を行く時みたいに剃るようにしました。

それは普段のだらしない雰囲気が相手にも伝わってしまうと思ったからです。

それに服装も気をつけたほうがいいと思います。

いつも楽なので休みの日はスウェットで、近所の買い物なんかはそのまま出かけちゃったりしていたのですが、出かけるときはちゃんと身だしなみに気をつけるようにしました。

ちょっとした変化かもしれませんが、普段からやっていることは相手にも伝わるものですし、オタクらしいオタクはやっぱりわかりやすい格好をしていたりするので、まずは容姿なんかに気をつけることがモテるようになるポイントなのではないかと感じています。

後はしゃべる時に早口になりすぎないようにするとか、自分の好きなことばかりを相手に話さないということも大切なポイントだと思います。

もっともしゃべるのは元々苦手だったので、相手の話をきちんと聞いてそれにこたえるということをいつもできるように気をつけていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする